FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.03.02.11:19
クレンジングの種類
*****************************
★ クレンジングの種類 ★
*****************************

乾燥肌を克服する!「クレンジング」の巻
(◎-◎;) ガサちゃん

一口にクレンジングと言っても、いろいろなタイプがありますよね。
どのタイプが一番化粧落ちがよいのでしょっか。
   
●オイルタイプ
長所:早く落ちて良く落ちる。フルメイクの人向き。
短所:肌の刺激が強い

●クリームタイプ
長所:保湿クリームやマッサージクリームの役目も果たす。
    乾燥肌にはいいかな。
短所:時間がかかる。
    擦りすぎると肌を傷める。  

●ジェルタイプ
長所:肌への負担が軽くて使いやすい。
    マッサージもできてクリームタイプよりも刺激が少ない。
短所:よく馴染ませないと汚れの落ちが悪い(メーカーにもよる)

●ローションタイプ
長所:コットンにしみ込ませて拭き取るタイプなので手軽。
    軽いメイクや部分メイク向き。
短所:落ちが悪い
    ゴシゴシ擦ると肌を傷める。

●ミルクタイプ
長所:肌あたりが柔らかいので肌への負担が軽い。
    使用感も軽く使いやすい。
短所:メーカーによって、洗浄力が悪いものもある。

他にも外出先で手軽に使える拭き取りシートもあるよね。
(^。^)
こうして見ると、洗浄力はあるけど肌への刺激が強いのは
オイルタイプ。拭き取りシートやローションタイプもゴシ
ゴシ擦るので肌を傷めやすい。
乾燥肌や敏感肌の人は、クリームやジェル、ミルクタイプがいいかも。

どのタイプも一長一短あるので「これがおすすめ!」というものは
ないけど、自分の好みや肌の状態、ライフスタイルによって選んで
ほしいな。

全米消費者人気ランキングNO.1です。シワ消しちゃいたいよー!
くりっく! ↓↓
【シワ取りクリーム!】 


スポンサーサイト

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://izb43.blog5.fc2.com/tb.php/90-8408891d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。